TOPページ / 利用案内 / 利用者規約  

岐阜県県有施設利用予約システム利用者規約

【利用者登録】
第1条    岐阜県県有施設利用予約システム(以下『システム』という。)を利用しようとする者は、所定の利用者登録申込書に必要事項を記入の上、次のいずれかの岐阜県施設(以下『施設』という。)の窓口(以下『各指定管理者』という。)に提出しなければならない。
   ・テクノプラザ
 ・OKBふれあい会館(県民ふれあい会館)
 ・飛騨・世界生活文化センター
 ・ソフトピアジャパン
 ・岐阜メモリアルセンター
 ・長良川スポーツプラザ
 ・OKBぎふ清流アリーナ(岐阜アリーナ)
 ・ぎふ清流文化プラザ
 
【登録者の責務等】
第2条    この規約において登録者とは、利用者登録を申し込み、各指定管理者において適当と認めた個人又は団体をいうものとする。
 登録者(団体の登録者にあっては、その代表者)は、施設の利用料金の支払その他一切の責任を負うものとする。
 
【利用者IDおよびパスワードの付与とその取り扱い】
第3条    各指定管理者は、登録者全員に異なる利用者IDを付与し、利用者はパスワードを設定するものとする。
 登録者は、利用者ID及びパスワードを他人に知られないよう登録者の責任において管理しなければならない。
 登録者は、利用者ID及びパスワードを他人に利用させること、及び譲渡又は貸与してはならない。
 登録者が前3項規定に違反した場合において、その違反に起因して利用者ID及びパスワードが不正に利用されたときは、利用料金その他の責務の支払の責任を負うものとする。
 
【登録期間】
第4条  登録日は、登録申込がなされ登録者と認められた日とし、登録日から2年間を登録期間とする。ただし、登録期間満了の1ヶ月前までに登録廃止の申し出が無いときで、各指定管理者が引き続き登録者と認める場合は、再度申込書が提出され、かつ各指定管理者の承認があったものとみなし、登録期間を2年間延長するものとする。以後、この例により登録期間を更新するものとする。
 
【登録費用】
第5条  この登録に要する費用は、無料とする。
 
【サービスの内容等】
第6条  登録者は、第1条に掲げる施設について、次のサービスを受けることができる。ただし、施設又は管理運営の都合により、システムによる施設予約の手続きができない場合や対象の施設が限定される場合がある。
  (1) 利用申込と取消
  (2) 空き情報の提供
  (3) 各種催事・イベント情報の提供
  (4) 利用料金の口座振替による支払い
 
【施設の管理法規の遵守】
第7条  登録者は、施設の利用に当たっては当該施設の管理に関する法規等を遵守するとともに、認められた目的以外に利用してはならない。
 
【使用料等の支払い】
第8条  登録者は、施設の利用に係る利用料金その他の債務については、所定の期日までに窓口、金融機関、郵便局、コンビニ収納サービスを通じて支払わなければならない。
 
【システム利用の一時停止】
第9条  登録者が施設の利用に係る利用料金その他の債務を履行しないとき、施設の管理に関する法規等に違反したとき、又は本規約に違反したときは、各指定管理者は、システムの利用を一時停止することができるものとする。
 
【利用者登録事項の変更】
第10条    登録者が利用者登録申込書により届け出た事項に変更が生じたときは、遅滞なく所定の届出用紙により各指定管理者に届け出なければならない。
 登録者は、前項の届け出がない場合において、各指定管理者からの通知又は送付書類その他のものが延着、又は到着しなかったことについて異議を申し立てることができない。
 
【利用者登録の抹消】
第11条  登録者が次のいずれかに該当したときは、各財団は利用者登録を抹消するものとする。
  (1) 虚偽の届け出をしたとき
  (2) 施設の管理に関する法規等若しくは本規約に重大な違反をしたとき
  (3) 利用料金その他の各指定管理者に対する債務を履行しないとき
  (4) 所定の登録廃止の届出を行い、認められたとき
  (5) 住所変更の届け出を怠る等、登録者の責に帰すべき事由により登録者の所在が不明となり、各指定管理者において登録者への通知・連絡が不能と判断したとき
  (6) その他登録者として不適当と各指定管理者が認めたとき
 
【システムにおける個人情報の利用】
第12条  利用者登録及び利用の手続き上で得た利用者の個人情報は、システムの運営管理の目的のため、第1条に掲げる施設において、利用料金の徴収、利用に関する連絡、その他宿泊予約及びチケット予約に関連する業務の遂行に必要な範囲でのみ共同利用するものとする。
 
【登録情報の字体】
第13条  利用者登録申込書に記載された字体がシステムにより処理できないときは、各指定管理者は、類似する標準文字により登録するものとする。この場合、システムで表示される字体及び郵便物の字体は標準文字となる。
 
【免責事項】
第14条  各指定管理者は、次の各号に掲げる場合において生じた損害等については責任を負わないものとする。
 (1) 各施設・設備及びチケットの予約は、窓口、電話及びインターネットにより行っており、利用者の希望する施設・設備又は座席チケットが、予約受付の時間又はタイミング等により取得できなかった場合
 (2) 各指定管理者の責によらない通信機器、回線及びコンピュータ等の障害並びに電話の不通等の通信手段の障害等により、予約受付の取扱が遅延又は不能となった場合
 (3) 公衆電話回線、専用電話回線、インターネット等の通信経路において盗聴等がなされた場合において各種情報が漏洩した場合
 
【その他】
第15条  この規約の内容に関わらず、各指定管理者が特に必要と認めた場合は、臨時にこの規約を変更することがある。また、この規約に定めるもののほか、システム又はサービスの運営に必要な事項は各指定管理者が別に定めるものとする。